僕は悪くない 君も世界も
あなたには答えられますか?
こうなったのは誰のせい?



PROFILE LIVE DISCOGRAPHY GOODS STORE LYRICS BLOG





[NEWS]
7月22日の堺Tick-TuckでのライブをもってBa/Cho 泉本佳穂、Dr 高橋駿太が脱退することになりました。以下それぞれのコメントです。


------------------------------------------------------



Dr 高橋 駿太

丸一年という長いようで短い期間でありましたが、こうなったのは誰のせいでドラムが叩けて、色々な経験ができて本当に楽しかった。脱退理由としてこれ!というものは特にありませんが、強いて挙げるなら活動する上でメンバーと足並みを揃えられなかった、考え方に明確かつ致命的な違いがあったという事です。不仲だったとかではないです。このバンドは辞めますが、ドラムを辞めるつもりはありません。予定は決まっていませんが、またライブハウスで会いましょう。これからも素敵なバンド、こうなったのは誰のせいをよろしくお願いします。



Ba/Cho 泉本佳穂

次回のライブをもちまして、こうなったのは誰のせいを脱退することになりました。私自身の脱退の理由としては、音楽の方向性の不一致、求められたことに対しての返答が困難になったこと、このバンドに自分は必要だろうか、自分じゃなくてもいいのではないかと感じてしまったことです。スタッフだった頃を含め2年間、このバンドに関わらせていただきました。みんなで曲を作ってライブをして、たくさんの人と関われて私は恵まれているし、とてもいい経験ができました。こうなったのは誰のせいの一員として一緒に音楽ができてメンバーには本当に感謝しています。界研、古木、しゅんちゃん、はるちゃん、そして私たちの音楽を好きで居てくれている皆様、今までありがとうございました。今後もこうなったのは誰のせいをよろしくお願いします。



Gt 古木 凌太

シュンは本当にかっこいいドラムを叩いてこうなったのは誰のせいの曲を良くしようと頑張ってくれていたので、プライベートの都合で脱退せざるを得なくなってしまって本当に残念です。サポートドラマーをたくさん抱えてシュンとバンドを続けていくという意見もいただきましたが今でも最善とは思えません。活動の方向性の違いや音楽性の違いに苦しんだ時もあり、意見が食い違うことも多かったのですが一緒にやれてよかったです。ありがとう。
イズモトとはメンバーの中傷を度々SNSで見かけてから活動に対する姿勢、音楽性、人間性、SNSの使い方など様々な面で噛み合わずいつかは一緒にやれなくなるだろうと思っていました。
僕自身脱退を考えた時もありましたし、応援して下さる方、支えて下さったライブハウスの方の事を考えるとつなぎとめられなかったことを不甲斐なく感じる事もありますが、これからもカイトの曲を少しでも良くできるように頑張っていきます。



Vo/Gt 界研

解散する気でいました。バンドとしても、個人としても。それくらい僕らは噛みあわなくなってしまって。ですが時間が経ち、色んな人と色んな話をして二人の脱退という結論になりました。しゅんとみーちゃんがいなくなったこのバンドがどうなるかは僕にもわかりませんが、この4人とはるちゃんと過ごした時間を無駄にはしたくない。古木と新しいメンバーで今までをちゃんと超えられるようなこれからにしたいです。
まだこのバンドでやり残したことがある、返せていないことがある、たとえ一人になってもこのバンドを続ける覚悟ができました。よかったらこれからもこうなったのは誰のせいをよろしくお願いします。
そしてしゅんとみーちゃん、またライブハウスで会えたら嬉しい。ごめんね、今までありがとう。




[CONTACT]
イベントの出演依頼、お問い合わせはkounattanohadarenosei@yahoo.co.jpまでご連絡お願いします。



[こうなったのは誰のせいMUSIC VIDEO]